FC2ブログ
湘南日々記
湘南日々記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大磯丘陵 里山ボランティア
以前このブログで紹介したボランティア・グループ「湘南の森」の定例活動で、
高麗山~湘南平周辺の下草刈りに行ってきました。

暑い夏が終わったこの時期の下草刈りは、とても清々しく気持ちの良いものです。

この時期、上級者の一部の人たちは、「森林インストラクター」の指導のもとに
テングス病に侵されたヤマザクラなどの伐採もやっています。

湘南の森_20130

湘南平東側の浅間山から高麗山にかけてのハイキングコースは、あまり手入れが
されておらず、背丈もある草が茂っており、道から逸れるのは難しい状況でした。

それが、僅かな間に下草が刈られ林縁が明るくなってきたことに驚いていました。
どうも、この里山の保全整備をやっているグループの存在があることに気づいた
のは去年ぐらいです。

この春先に沢山のレンジャクが浅間山周辺に到来した際に群生しているヤブラン
の実を頻りに食べていました。
従来、雑草やツタ類に埋もれていたはずで、森が手入れされて鳥達にとっても
好ましい環境になってきたことを、この時強く感じました。

このコースは私の大好きな散策コースですので、何か手伝いたい、この地域の
自然をもっと知りたいと思い、5月連休明けから「湘南の森」の活動に参加して
います。

草花や鳥や蝶たちとの出会いが多くなり、いろいろな情報に触れる機会も増え、
これからが楽しみです。

「湘南の森」 <-- クリック
平塚市との「H24年度・協働事業報告」 <-- クリック

スポンサーサイト
大磯丘陵 秋の草花
今年の夏は、猛暑で大変でした。

週末、強い雨が降り、やっと少し涼しくなりました。

高麗山周辺では、彼岸花(曼珠沙華)が咲き始めました。

彼岸花

今度の週末には、彼岸花群生地のポイントでは

満開でしょう。大変な勢いで咲く花ですから。

白花曼珠沙華

傍らに咲く、この白い花も彼岸花の仲間で、

白花曼珠沙華というそうです。

こちらは、アキノワスレグサ(秋の忘れ草)です。

7月に咲く、ヤマユリに似ているので、

個人的には初夏を思い出します。

アキノワスレグサ

この時期は草花の多く、目を楽しませてくれます。


大磯丘陵 高麗山自然散策者のための駐車場
国道1号線花水橋を渡って最初の信号を右折した奥に、「大磯町生涯学習館」

があります。ここに、「高麗山自然散策利用者専用駐車場」があって、6台分

が割り当てられているようです。これは、大変ありがたい施設です。

ちょうど雨が上がり、一気に温度が上昇して、モヤが立ち上がっていました。

高麗山駐車場

ここから入山して登り始めると、2、3分で案内板のある見晴台に出ます。

見晴台の斜面下が、駐車場です。

高麗山-01

見晴台から、東天照~大堂(高麗山)~八俵山~浅間山~湘南平(千畳敷)が

通常の私の散策コースです。

高麗山

たまに、上記の見晴台を避けて裏の地獄沢を経由して大堂に行くと

傾斜もきつく、良い運動になります。

大磯丘陵 湘南平の大パロラマ
せっかく湘南平まで足を延ばしましたが、生憎のうす曇の天気です。


湘南平-1

据付のコーワ製30倍双眼鏡を、この方向に向けると、スカイツリー、
東京タワー、ランドマークやベイブリッジが楽しめます。
少し海側に向けると、江ノ島、葉山灯台もじっくり眺められます。

湘南平-2

伊豆半島・箱根・富士山・丹沢の山並みは平塚博物館のパノラマ写真
をご紹介します。湘南平から見たパノラマ  ← クリック

高麗山から湘南平までの尾根道の木々には、案内の名札が着けられ
楽しませてくれます。

湘南平-4

これらの木々を地図で紹介してくれる、素晴らしいガイドマップが
作成されていることに気づきました。

湘南平~高麗山
湘南の森 ガイドマップ ← クリック

「湘南の森」というボランティア・グループの方々の活動に感謝です。


大磯 島崎藤村旧宅
訪問先のそばに、明治の文豪、島崎藤村宅の案内板がありました。

大磯町役場の北側、東海道線に向って少し路地を入ったところです。

晩年大磯を愛した文豪ですので、嬉しくてそばにいたおばあさんに

声をかけてみました。

「別荘は主に山側で、このあたりは何も無かった。

屋敷は町に寄付されたから、書斎も無料で見せてもらえるよ。」

とのことでしたが、生憎の月曜休館日、中に入れませんでした。

島崎藤村宅.-1

垣根に囲まれた閑静な住まい、手のかかった植木の葉が

様々な色に映え、とても素晴らしいお屋敷です。

藤村は「静の草屋」と呼び、質素を旨とする生活を送ったそうですが、

お屋敷は、「侘びさび」の高級な雰囲気です。

ぜひ、月曜日以外の平日に訪れてみたいものです。

島崎藤村宅.-2



大磯丘陵 お花見の指定席
桜の盛りは過ぎたのですが、お昼は毎年恒例の花見にしました。

大磯丘陵、高麗山から湘南平に向う、この場所が私のお花見の

指定席です。

通り過ぎる人も少なく、広い空間を独占した状態で、ご満悦です。

大磯花見

このテーブル席に座り、崎陽軒の赤飯弁当と恵比寿ビールを広げ、

周囲で囀っている小鳥たちを眺めるための双眼鏡と図鑑を置いて、

桜をめでながら、しばしの至福のひと時です。

湘南平桜

もう少し足をのばすと、素晴らしい湘南平の桜です。

こちらは賑やかな花見会場ですから、今回は遠慮しました。

ちなみに、この写真はご当地切手の上半分です。

80円切手10枚のシートです。郵便局の窓口の人が、

「少し高いのですが」と遠慮しながら売ってくれました。

1,200円もする高級切手ですが、親しい人との通信に

最適です。


大磯丘陵の散歩道 高麗山の景観
東海道線を大船から西に進むと、平野の高まりがなくなりますが、

突然、この大磯・高麗山から、丘陵地帯が連なっていきます。

高麗山は東海道五十三次・平塚宿の浮世絵に描かれている通り、

お椀を伏せたような山です。

広重平塚宿

ふもとの高来神社から「東天照」に向かって登り始めると、わずか3分

たらずで、相模湾を一望する見晴台に着きます。

晴れれば、房総半島・須崎、三浦半島・油壺、大島、伊豆半島まで

見渡せる景勝地です。

もっとも、湘南平まで足を伸ばせば、南関東を眺望できます。

高麗山-01

つづら折を登ると、東天照の休憩地点です。

この場所から高麗山山頂~湘南平まで尾根伝いの散策コースです。

高麗山-02

階段を登ると、山頂の大堂です。

高麗山-04

今日の散歩は大堂までとして、帰ることにします。

花水川河口を眺めると、134号線の4車線化のための橋脚工事が

進み、手前の旧NCR工場跡地では造成工事が始まっていました。

高麗山-5






プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。