FC2ブログ
湘南日々記
湘南日々記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスが変わる民法改正 2017-08-07
民法の改正法が、5月26日に参議院本会議で可決成立しました。
今回の改正は民法の債権法がメインで、グローバル時代への対応だそうです。

公布から3年以内に施行されるそうで、その時期は2020年頃だとか。
まだ先の話ですが、契約に関わるルール変更もあり、契約書への影響を勉強し
ておく必要がありそうです。

週間エコノミスト(2017 7/11号)の特集が分かりやすく、特に不動産実務への
影響を整理した記事は他誌にはないそうで、購読してみました。
事例も豊富で読みやすく、参考になりました。

週間エコノミスト7月11号

忘備録的になりますが紹介しておきます。

①短期消滅時効の廃止
 バラバラだった時効期間が整理され、「権利を行使できる時」から「10年間」、
「権利を行使できることを知った日」から「5年間」、いずれか到来の早い日を
もって時効成立することになります。
ただ、時効期間が延びたことによって、実際に回収につながることは少ないよ
うで、損金として計上出来ない期間が長くなり、暫定的に税金を納めすぎる状
態が長引くことになるようです。

②定形約款
 明確な規定がなかった約款ですが、現実に合わせ「定期約款」が定義され、
効力が生じるルールも定められました。事業に合わせ、情報収集して見直して
おく必要があろうかと思います。 

③法定利率
 法定利率が5%から3%に引き下がられ変動制になるそうです。過払い金や
損保会社の損害賠償金や保険料などに影響が出て来るようです。

④保証人の制限・保護
 保証人の保護が強化され、個人が保証人になるときは「限度額」を定めた上で
の合意が必要になります。また、事業主以外の個人が事業資金借り入れの保
証人になる場合は「公正証書」を作成することが必要となります。

⑤瑕疵担保責任
 「瑕疵」という言葉が無くなり、「契約不適合」の概念に改められました。
従来、引渡しから1年以内に請求しなければ認められなかった瑕疵担保責任が
、新法下では契約不適合を知った時から1年以内に通知すれば責任追求が可能
となります。このため請負・売買契約では、契約書を改正法に対応できるように
見直しておく必要があります。

⑥不動産実務への影響
・賃貸借の期間
 借地借家法の適用を受けない土地の賃貸借などは賃貸借期間が50年へと引
き延ばされました。例えば、ソーラーパネルを設置する土地などです。

・借りる人の修繕権
 賃貸人が相当の期間内に修繕をしなかったり、差し迫った事情があるときは
賃借人が修理できることになります。

・賃料の減額
 賃借物の一部が「使用収益」できなくなれば、賃料が減額されることになります。

・瑕疵担保責任
 「契約不適合」という考え方に変わり、契約内容に適合しない場合は債務不
履行として、買い主は新たに修繕保証など、履行の追完を求めることができる
ようになります。

・保証人の責任
 不動産の賃貸借契約では、一般的に保証人を求められますが、今後は、保証
契約に限度額を明記しなければいけなくなります。

などですが、注意して情報収集に務めることをお勧めします。





スポンサーサイト
ネット図書館『青空文庫』の創設者
ネット図書館『青空文庫』の創設者、富田倫生氏の対談が週間エコノミスト
(2012年12月18日特大号)に掲載されていました。

青空文庫1

青空文庫には、90年後半から大変お世話になってきました。
その創設者を拝見したのは今回が初めてで、敬意を表したく、
紹介させていただきます。

青空文庫2

最近発売になったキンドルに負けない環境が90年年代にすでにありました。

当時はHP社の携帯端末200LXで、ビューアは「jupiter」というアプリ
を利用していました。電車の釣り革につかまり、片手読みが楽にできました。
大菩薩峠(全40巻)を22巻目の「白骨の巻」まで読み進みましたが、頓挫
しました。当時が懐かしく、思い出されます。

書作権切れの作品は、電子出版も含め大半は、この青空文庫がソースです。

富田さんをはじめ、多くの入力者、校生者の方々の大変なご努力により、
膨大なテキスト文書を手軽にダウンロードできます。

テキストを利用すればビューアの設定で、縦書き・横書き、文字拡大、
文字フォントの変更が自由にできます。

様々な電子図書が利用できるようになった現在、本当に良質な無料書籍を
提供してくれる、青空文庫に感謝です。


江戸の理系力 (洋泉社MOOK) [ムック]
まもなく、映画「天地明察」が公開されます。

初代、幕府天文方の渋川春海が日本初の暦を苦労して

つくったお話です。

天文台

この映画のタイミングを図って出版されたと思われる

刊行本、「江戸の理系力」は江戸期の科学技術力が

欧米に肩を並べるところまで到達していたことを幅広く

紹介してくれるビジュアル本です。



2代目の天文方、高橋至時は伊能忠敬の師匠で、

緯度1度の長さを測りたいという忠敬の願いに、

蝦夷地測量を勧め、大日本沿海輿地全図の完成

をバックアップしました。

江戸期の科学技術は急激に進歩したのは、

八代将軍徳川吉宗の時で、禁書令が緩和され

海外から科学技術書が入って来るようになった

からだそうです。

「江戸の理系力」は天文、測量、数学、医学など、

江戸期の科学技術で活躍した人たちを幅広く紹介

しており、とても大きな刺激を与えてくれる良著

です。



同窓会 「十六夜会」 に出席
同窓会に出席して来ました。

何十年経って会う同級生達は、体型や顔立ちは

すっかり様変わりしていましたが、声を聞くと、

「あ、彼だ」と思い出すことができます。

人間の声には、不思議な力がありますね。

我が母校

私が卒業した高校は、岡山県北部の城下町に

あります。

明治33年竣工、格調高い個性的な学校建築です。

母校が表紙を飾る雑誌「サライ 1996年9月19日号」

を神田・神保町の古本屋の軒先で見つけた時は、

大変感動したものです。

地図と旅のエッセイを書かれた堀 淳一さんは

この町を訪ね、地図とスケッチで「朝霧の町-津山」

と紹介して下さいました。

街の中心にそびえる城山から眼下に見える母校

の姿は、私にはとても懐かしいものです。

地図のたのしみ (KAWADEルネサンス)地図のたのしみ (KAWADEルネサンス)
(2012/03/23)
堀 淳一

商品詳細を見る


公園や里山の散策にお勧めの一冊 「樹皮ハンドッブク」
 大磯丘陵の散策に欠かせないのが双眼鏡と野鳥図鑑。

「山野の鳥 (野外観察ハンドブック 〈1〉」(日本野鳥の会

は新書サイズで携帯に便利です。

 最近新たに、この新書サイズの図鑑も携帯品に加えました。

樹皮ハンドブック樹皮ハンドブック
(2006/10/20)
林 将之

商品詳細を見る


里山を歩いていると、小鳥・木々・草花が関心事となりますが、

重い図鑑は持ち歩けません。

この図鑑は目の前の木の樹皮を眺めるだけで、名前の判断

ができる優れものです。

「ムクノキ」の記載内容を拾ってみました。

ムクノキの成木になるようです。

ムクノキ

ムクノキ樹皮
(樹皮ハンドブック 39頁下段)

樹形のイラストが大雑把なのが残念です。

職業柄、「あの庭木」の傍に境界石というだけでなく、具体的な

名前が出てくるようにしたいものです。



絵本 「画本 宮澤賢治」 シリーズ
絵で読む宮沢賢治展「賢治と絵本原画の世界」という催しが

平塚美術館で2007年にありました。5年も昔のことです。

賢治の手書き原稿や、「雨ニモマケズ手帳」を見ることができて

感動したものです。

絵本の原画展の部門では、賢治の童話にイメージを膨らませ、

絵にしたいと思う沢山の人達から素晴らしい作品が生み出され

ていることも知りました。

その後、偶然手にしたのが小林敏也さんのこの二冊です。

久しぶりに読み返してみて、いつまでも大切にしたい本だと

思いました。

賢治草紙賢治草紙
(1995/08)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


賢治草双賢治草双
(2004/09)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


小林敏也さんのライフワークだった絵本「画本 宮澤賢治」

シリーズ(既刊15冊)をもとに、手に取りやすい形にまとめた

宮澤賢治童話集です。

東京芸大卒の本格的なイラストレーターで、各頁を生める

版画は実に素晴らしいものです。

「銀河鉄道の夜」、「セロ弾きのゴーシュ、」、「風の又三郎」

など著名な作品のすべてを、カラフルな沢山の挿絵入りで

読むことができます。

そして「雨ニモマケズ」も含まれています。

「かしわばやしの夜」のお話を埋める挿絵に感動して大型本

も購入しましたが、深夜にかしわ林に集まるふくろうの絵は

圧巻でした。(挿絵の量、装丁が豪華)

その時、織り込まれていた作品集のチラシです。

画本 宮沢賢治


現在、大型本も含め、この2冊も古本でしか購入できません。

出版社の「パル舎」から在庫を引き上げられ、時折

「幻燈+朗読会イベント」などで販売されているようです。

幻燈+朗読会イベント

ぜひ参加したいイベントですが、開始時間が遅く、距離的に

難しいので残念です。

「銀河鉄道の夜」の大型本がぜひとも欲しかったのですが、

幸い、「山猫あとりゑ」とコンタクトがとれ、本体価格で購入

できました。

何とか、復刊して欲しい小林敏也さんの作品集です。




最近読んだ本 「山はどうしてできるのか」 藤岡換太郎著
 「山はどうしてできるのか」 藤岡換太郎著

山はどうしてできるのか―ダイナミックな地球科学入門 (ブルーバックス)山はどうしてできるのか―ダイナミックな地球科学入門 (ブルーバックス)
(2012/01/20)
藤岡 換太郎

商品詳細を見る


東日本大震災以後、日本列島は地球表面に浮かぶ数枚のプレートに乗っかった危うい存在だということ

を思い知らされました。

このプレートテクトニクス理論は、地質学は門外漢のドイツの気象学者、ウエーゲナーがちょうど100年

前に大陸移動説を提唱したことに始まるそうです。

「すべての大陸は、もとは1つの大陸だった。この大陸が分裂を開始し、いくつかの大陸に分かれて、現在

の位置に移動してきた。」

こう考えると、地質構造や気候、生物の分布や進化がうまく説明できると考えたのです。

しかし、「大陸を動かす力がいったい何なのか」との学会での問いかけに、彼はうまく答えられず、調査先

のグリーンランドで命を落とし、彼の大陸移動説も忘れ去られかけたそうです。不遇な天才ですねー。



その後、マントル対流、地磁気の研究で彼の大陸移動説は復活して、実際に深海に潜っての海洋底

調査も進み、海底が大陸を動かしていることが分かってきたのです。

本書はそんな、地理学上の歴史にも触れながら、たくさんの写真や図使って、山を1合目から10合

目までステップを踏んで登るように分かり易く、プレートの活動や、山のでき方、日本の山の成り立ちを

解き明かしてくれます。


藤岡 換太郎先生は独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海洋地球情報部特任上席研究員。

潜水調査船「しんかい6500」で世界の深海に潜って調査研究をされてきた地球科学の第一人者です。
大航海時代を生きたダーウインやフンボルトのような、未知を求めて活躍する探検者なのですね。

平塚博物館には良く来られて、何回か講演を拝聴する機会がありました。
「相模湾八景」と題したお話はPDFでも参照可能です。

新日本八景 第1景:相模湾八景 其の一 初島生物群集
相模湾八景 其の一 初島生物群集
JAMSTEC書誌カタログ分類一覧

もしかしたら、ID登録が必要かも。ビジュアルなサイエンスマガジンです。

追記:大陸移動については、こちらも参考になります。
大陸移動→ マントル対流→地球の歴史







プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。