湘南日々記
湘南日々記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築時の建物表題登記の時期について
待望の新居の完成が近づくと、支払や引越しの段取りで多忙のことと思います。
融資を受けられる方にとって、うっかり遅れてはいけないのが建物表題登記です。
後で触れますが、年末の登記申請も要注意です。

新築

ここでは、決済・引渡からさかのぼりながら、お話しすることとします。

決済時には、融資の実行、工事代金の支払い、建物の引渡、司法書士による
所有権保存登記、抵当権設定が同時履行されます。

銀行との金銭消費貸借契約が、決済に先立って結ばれます。
銀行にとって、建物が完成して担保にできることが分かる建物表題登記が必要
になります。
司法書士がする所有権保存登記・抵当権設定登記の前提となる登記です。

建物表題登記の登記完了日が金銭消費貸借契約日より遅くなる場合は、
登記申請の受付番号の確認で了解か、銀行と事前の調整が必要となります。

建物表題登記を申請するために、建築業者から建築確認済証(+検査済証)と
工事完了引渡証明書(資格証明書・印鑑証明書を添付)をもらいます。
この時期の所有権は建築業者にあるので、建築業者にすれば、精算前に引渡し
の証明書とはおかしな話ですが、商習慣のようです。

建物表題登記は、これによって法務局に建物の登記簿を設け、その現況、すなわち、
建物の所在、種類、構造、床面積等を公示するものです。

建物表題登記の申請要件として、建物として認定できることが必要です。

外装工事の足場撤去、内装工事のクロス張り、水回りの台所・風呂場・トイレ設置が
ほぼ終わる頃、土地家屋調査士が現地で床面積等の確認と現場の写真を撮って、
登記の申請をします。

補足として、年末駆込みの建物表題登記の申請について、ご注意を申し上げます。

法務局の負荷により、申請が15日を過ぎると、登記完了予定日が翌年になります。
通常、申請後10日ぐらいで完了するのですが、年末は込み合います。

また、固定資産税・都市計画税の賦課期日は1月1日です。
住宅を建替え中の土地は、一定の要件を満たさないと住宅用地となりません。
建物の登記が未了の場合は注意が必要です。

余裕をもって建物表題登記を申請できるように、土地家屋調査士に早めに
ご相談ください。

なお、家を解体した場合は建物滅失登記を、土地の地目が宅地以外の場合は
地目変更登記を忘れてはいけません。

スポンサーサイト
登記のオンライン申請について
年が明ければ2月中旬の確定申告に向けての準備が始まります。
青色申告会を利用している私は、専用の会計ソフトで作成した決算書などを
オンライン申請して、源泉徴収票や控除証明書類を郵送すると完了です。
この電子申告の完成度は高く、還付金処理も早いなと感じています。

登記申請の場合はどうでしょうか。

オンライン申請

法務省の登記オンラインは、提供される申請用総合ソフトを使って入力後、
添付情報をつけて電子署名することで申請することができます。

進捗情報をオンラインやメール案内で確認でき、迅速な対応ができ便利です。
電子データで添付した図面類は、線や文字が鮮明な仕上がりになります。
電子署名に代わり、図面から職印が消え、個人的には少々残念です。

土地家屋調査士がする登記申請は添付情報が特に多く、環境を準備しても、
最初から使う気持ちがない方も少なくないのが現状です。

少し古いですが、平成21年10月の表示に関する登記のオンライン申請率は

○建物の表題登記 11.95%
○建物の滅失登記 10.94%
○土地の地目の変更の登記 8.50%
○土地の分筆の登記 5.98%

だそうです。(不動産登記オンライン申請利用促進協議会の報告)

申請書のみでオンライン申請して、添付書類は持参や郵送で行う特例方式
を可能にすることで敷居を下げていますが、利用率が低いのが現状です。

補正の連絡が入ると、たとえ近隣の法務局でも出向くのは大変です。
他府県の法務局に申請した場合は尚更のことです。
私は電子データに最大限切替えることで、このリスクを下げています。

しかし、図面類、調査報告書、本人確認情報までは電子データにできますが、
官公署の証明情報(住民票、印鑑証明、建築確認書、道路査定図など)、
委任状、境界確認書や工事完了証などの私人の作成書類は持参や郵送が
必要です。
多くの資料は依頼人に返却する必要があり、原本の写しの提出も必要です。

なんとか負担軽減をするため、法整備も含めた検討をして欲しいものです。

法務局における審査は、電子データも印刷した紙ベースで行われています。
法務局によっては「手続完了」の通知があっても、公開手続きが遅れて、
窓口で図面が入手可能になるまで二三日待たされることもありました。

内部のコンピュータ化が遅れ、人手が不足しているなと感じさせられます。
表示登記の場合は現地調査が伴いますので、オンライン化や統廃合を理由に
過度な人員削減はやめて欲しいなと願っております。




プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。