湘南日々記
湘南日々記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥歳時記 平成二十七年 2月 冬の鷹(タカ)
様々なタカが上空を通過する、秋の「タカの渡り」を秦野市・権現山で見て、

すっかりタカに魅せられました。そこで今年は、少しは近い距離で見られる、

冬の鷹(タカ)に力を入れました。

クマタカ-1.jpg

クマタカ-2.jpg
(2015-02-11 丹沢湖)

森林に生息するクマタカに会うため、丹沢湖まで出かけました。

猟銃の砲声や犬の鳴き声が対岸から聞こえ、今日もダメかと思いながらも頑張って

待っていると、悠然とクマタカが現れ、山筋を悠々と旋回し始めました。

翼の下部の横紋が鮮やかで、実に力強い風格を見せてくれ、寒さも忘れます。

頬に熊のような黒い部分があるから、あるいは、力強いという意味の由来でついた

名前だそうです。

ミサゴ-1.jpg

ミサゴ-2.jpg
(2015-01-25 茅ヶ崎)

水面にダイブしてボラなどを捕るミサゴの英名は、あのオスプレイです。

相模川の中流域の中洲で休憩している姿を見かけますが、少し遠いのが残念です。

冬場は河口で、すぐ目の前でダイブしてくれるのですが、この個体は失敗続きです。

魚影がたくさん見えているのに、虚しく水面から飛び上がる姿ばかりです。

数日後には、遠くでダツというサヨリに似た魚を、なんとか掴んでいました。

ハヤブサ-2.jpg

ハヤブサ-3.jpg
(2015-02-16, 28 平塚北部)

冬場には、平塚の耕作地に、ハヤブサがやって来ます。

断崖の上や高い鉄塔の上にいるイメージが強いのですが、このハヤブサは

電柱の上に留まり、ゆっくりと周囲を観察して動じません。

やがて首を伸ばしたり、周囲を見渡して、翼を広げると、勢い良く飛び去ります。

その素早い加速には、驚かされます。


スポンサーサイト


プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。