FC2ブログ
湘南日々記
湘南日々記
GIS事始め カラー航空写真を重ねてみる 地図太郎
基盤地図情報(縮尺レベル2500)に国土情報ウェブマッピングシステム

カラー空中写真を重ねてみました。

公図や地積測量図との重ね合せには測量用CADを使用することになりますが、

基盤地図の建物の外周線との重なりはどうなのか試してみました。

重ね図_航空写真-1

平塚市を検索して、撮影コースを確認後、400dpiの解像度 撮影縮尺 

1/10000の写真を選びキャプチャしました。

重ね図_航空写真-2

本来、地図センターで購入しなければ正しい精度で取り込めませんが、

今回は単なるお試しです。

地図太郎を起動して、基盤地図情報(縮尺レベル2500)の平塚市を

取り込みました。

重ね図_2500分の1

基盤地図情報から、道路縁、建物の外周線を非表示にします。

重ね図_町界

航空写真を「背景図を開く」→「位置情報のない地図・航空写真画像」

で取り込みます。

主要な道路交差点で位置合せをして(原点を赤丸表示)、町界の輪郭

が重なるようにします。「画像位置合せ」の「移動・変形」「拡大・縮小」

「回転」の各機能を使うことになります。

重ね図_回転

画面中央左の円形ドームに位置を合わせると、大半の建物の位置は

合いました。でも町界の赤い点線が道路中心線からずれています。

移動・拡大・縮小の他に、変形も使って道路の位置合わせをしたのが

失敗の一因と思います。

位置情報を持たない画像の位置合せは、局所的な位置合せの範囲

で活用できるようですが、ある程度の習熟が必要でしょう。

重ね図_結果


ユーザマニュアルには、「空中写真はレンズの関係等で歪みがあり、

中心部が合っても周囲はずれています。このズレを減らすため画像

を変形する必要があります。」と書かれています。

なお、オルソ画像の航空写真は、歪みは解消されています。

画面右上に建物の外周線のみがある部分は、その後に

建てられた平塚美術館です。

過去の時代の航空写真と現在の建物の外周線や道路縁との比較

は面白そうです。




関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shonanhibiki.blog.fc2.com/tb.php/21-357c3594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR