湘南日々記
湘南日々記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥歳時記 平成二十七年 9月 白樺峠のタカの渡り
タカの仲間であるサシバやハチクマは、春になると東南アジアから渡ってきて、秋には去って
行く渡り鳥です。

この秋、国内有数のタカの渡りの観察地と知られる信州・白樺峠で見た光景は圧巻でした。

松本から梓川を遡り、安曇野をぬけ、奈川渡ダムからさらに奥深い林道に、その白樺峠・
タカ見の広場はあります。

目の前に広がる稜線をタカが越えてやってきます。

白樺峠-1

双眼鏡でなぞっていくと、小さな点のような鳥が1羽、2羽と姿を現し、その数を増すとゆっくりと
稜線を越えて旋回を始め、サシバの群れが一気にこちらにやって来ます。
その光景は見飽きることがありません。

白樺峠-2

白樺峠-3

白樺峠-4

白樺峠-5

こちらはハチクマです。

白樺峠-6

9/14、9/15の二日間、白樺峠に通いましたが、特に9/15はシーズン最多のサシバ 3100羽、
ハチクマ 404羽が報告されています。

白樺峠のタカの渡りは写真ではなく、水谷高英氏のスケッチがお勧めです。

野鳥フィールドスケッチ (BIRDER SPECIAL) 水谷 高英 (著) P86~P87

タカの渡り全国ネットワーク 23 信州 白樺峠

ふれあい自然探鳥会 「タカの渡り観察の詳細記事」を参照
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shonanhibiki.blog.fc2.com/tb.php/83-0caac8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。