FC2ブログ
湘南日々記
湘南日々記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平塚市自然環境評価書(生物編)~西部丘陵地域の自然~ 2017-05-14
平塚西部丘陵-自然

平塚の市街地から日向岡トンネルを抜けると、景色が一気に変わり雑木林や畑が広がる
緑豊かな丘陵が目の前に広がります。
この土屋・吉沢地区は、平塚西部丘陵地域と呼ばれ、市内でもっとも自然環境が豊かで、
貴重な里山の景観が残る地域です。

この地域に通うきっかけになったのは、偶然見つけた次の資料です。
平塚市自然環境評価書(生物編)~西部丘陵地域の自然~

平成17年に平塚市が200部ばかり作成配布したもので、一時はPDF公開されていました。
今では市内の図書館に1~2冊保管される程度で、寂しい状況です。

自然環境評価検討委員の中に元平塚市博物館館長の故・浜口哲一先生の名があり、
調査・編纂の指導をされたものと想像します。

土屋・吉沢を29の地域に分け、植生の調査、水系の調査を踏まえて、観察される鳥類、
両生類、昆虫類、魚類が整理されており、環境保全に力を入れる自治体の素晴らしい
資料集だと思います。
折角の成果物は、ぜひ増刷して図書館の蔵書を増やして市民の啓蒙書として欲しいものです。

参考までに、元平塚市博物館館長の故・浜口哲一先生は著名な方で、多くに人に愛された方
でした。著書「生きもの地図が語る街の自然」 岩波書店 などがあります。

日本野鳥の会では、浜口先生の指導を受け、先生が提唱されるトコロジストの入門書を出版して
います。
箱田敦只著 トコロジスト―自然観察からはじまる「場所の専門家」 日本野鳥の会

平塚市自然環境評価書(生物編)~西部丘陵地域の自然~ は、これらの人たちを育てる貴重な
参考書になると思います。

<参考 平塚西部丘陵でわずかに見られる鳥たち>
オオタカ
(オオタカ)
サンコウチョウ
(サンコウチョウ)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shonanhibiki.blog.fc2.com/tb.php/89-85c928c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

湘南日々記

Author:湘南日々記
土地家屋調査士 西山啓示のブログに、ようこそ!
事務所を神奈川県平塚市の市役所・八幡山公園前に置いております。
このブログでは、地元の自然、地誌、業務など、気の向くまま書き綴ってます。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



検索フォーム



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。